アンチエイジングの為には不足しているホルモンを確認する検査があることを知りましょう

サイトマップ

トップバナー

ホルモン補充治療

老化の原因の1つとしてホルモン低下

医療の力を借りたアンチエイジングに、ホルモン補充治療というものがあるのです。ホルモンとは、体の中の特定の組織から分泌されているもので、体内を循環していくものです。ホルモンはとても少ない量なのですが、体の中の特定の組織に対して変化を与える物質となっています。老化の原因の1つとしてホルモン低下が注目されているのです。

がん発症のリスクがとても高くなる

最近、アンチエイジングの方法の1つとしてホルモン補充治療が注目されています。 ホルモン補充治療とは、年齢によって減ってしまったホルモンを補う方法となって いて、ホルモン不足によって引き起こされる様々な症状を軽減する事を目標として いる方法です。

ホルモン検査をして不足しているホルモンを確認する事によって、不足分を注射や、 クリームやスプレー等の軽口で補充する事が可能です。ですが、ホルモン補充治療 には、副作用があるといわれているのです。がん発症のリスクがとても高くなると いわれています。

ホルモンの種類

ポイント

ホルモンには、いくつかの種類があるのです。女性ホルモン、男性ホルモン、成長 ホルモン、甲状性ホルモン、DHEA、メラトニン等があるといわれています。女性ホ ルモンが不足すると、のぼせやほてり、発汗、不眠、骨粗しょう症、高脂血症、 動脈硬化等が起こるといわれています。

男性ホルモン
ホルモンも影響

男性ホルモンが不足すると、疲れる、うつ、不眠、 のぼせ、集中力、記憶力の低下、神経質になる、動機などが頻繁に起こります。 成長ホルモンは、体脂肪が増え、骨密度が減少し、免疫が低下、髪の毛が減 少等、様々な見た目にわかる悪影響が出てくるのです。このようにホルモンが不足すると 様々な症状、また病気にも発展しかねませんので、症状が現れたら、病院に行くことを お勧めします。

アンチエイジングの効果の基礎的知識